一級建築士事務所 エイチ・アーキテクツ

一級建築士事務所 エイチ・アーキテクツ

TEL.03-5357-7035

〒160-0006 東京都新宿区舟町7-9-802

BLOG
このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

BIMとは何か?…BIMを使用する3つのお施主様メリット

千成幼稚園 BIM動画

当事務所で設計させて頂いた千成幼稚園のBIM動画をHouzzのHPに先日アップロードしました。

 Works 施工事例:千成幼稚園 建替新築工事 (h-architects.net)

私自身は設計にBIMを使い始めて10年近くになります。10年前と比較して、BIMを使用している中小設計事務所が最近は多くなりましたが、一般の方にはまだ聞きなれない言葉のためか、今でも「BIMとは何か?」というご質問をよく受けます。私からの回答としては、「コンピュータ(PC)の画面上でぐるぐる動かして見れる模型ですが、紙や木で作った模型と違って図面情報も入った模型なので、平面図や立面図といった建築図面も模型と同時に出来上がっていく便利なツールです」と説明します。そして、お施主様へのメリットとしては、主に以下の3つを挙げさせて頂いております。

メリット1 3次元の模型で建物の外観やインテリアを「常時」確認できる

紙や木の模型は、ある程度設計内容がまとまってから作るので、設計打合せの途中で小さな変更を確認することはできません。また、室内は模型が大きくない限りはのぞいてみることが難しく、手描きのパース(内観図)も製作に時間がかかり、視点を動かして見るには改めて描く必要があります。

BIMを使用する場合は、設計変更を反映した最新のBIMモデルを「常時」PCの画面上でぐるぐる動かして見ることができるので、2次元の図面ではわからない内容を建物内外とも正確に把握しながら打合せを進めることができます。

メリット2 設計変更が容易

手描きの図面では、設計変更があるとすべて描き直しとなります。また2次元CADでは、2次元の図面は修正が比較的容易ですが、3次元での変更の影響を考えた場合に、修正する2次元の図面の量が膨大になることがあります。

BIMを使用する場合は、設計変更でPCの3次元模型を修正すると、関連する2次元の図面もほぼすべて自動的に変更されます。したがって、お施主様の変更要望も比較的容易に受け入れることができます(なるべく変更は少ない方が設計者として助かるのは事実ですが…)。

メリット3 省力化によるコスト減

BIMを使用する場合は、上記メリット1・2にあるように、木や紙の模型・手描きのパースをつくる労力や、設計変更に伴う労力を大幅に削減することが出来ます。また、これまで外注していたパースや動画の製作費用も不要です。これら労力や外注費用の削減は、お施主様が支払う設計料にも反映されます。

以上がBIM使用による主なお施主様メリットですが、ツールは使い手次第なので、うまく使用できないとかえって手間がかかってしまう設計者も多いようです。私自身はこれ以上便利なツールは無いと思っていますが、設計者それぞれ自分にあったツールを使用すればよろしいかと思います。

当事務所のBIMによる設計提案をご検討頂ける場合は、まずはトライアルプランの作成も可能です。

 Flow ご依頼の流れ:Flow (h-architects.net)

どうぞお気軽にご連絡ください!

設計事務所には保証がない?…設計事務所の保証のあり方

大手住宅会社の方が「設計事務所とは異なり、当社ではメーカー保証があります」というお話をされることがあります。では、設計事務所には保証がないのでしょうか?

実際には、中小設計事務所でも損害保険会社と保険契約を結んで、設計に起因する事故の賠償に備えていることが多いです。当事務所も東京建築士会を通じて、東京海上日動火災保険会社の「建築士賠償責任補償制度(通称けんばい)」に加入しています。例えば、完成引渡し後に外壁のパネルが歪み、剥離や漏水事故が発生するという事故のやり直し工事費用について保険金が支給されます。

また、工事会社側でも「住宅の品質確保の促進等に関する法律(通称品確法)」による主要構造部や雨漏りの瑕疵(かし)についての10年保証が最低限あるはずで、定期的な点検とメンテナンスを請け負うのは大手住宅会社と同様です。さらに当事務所の場合は、完成引渡し後のこれら工事会社との保証やメンテナンスでのトラブルについて、設計者の立場から立会い・調整・検証に参加させて頂くことも可能です。

私個人としては、これまで勤務した会社も通じて、賠償に発展した問題を抱えたことはありません。どうぞ安心してご依頼頂ければと思います。

弁護士なしで裁判をしますか?…工務店ではなく設計事務所に依頼する3つのメリット

家を建てられる時に、「(当事務所のような)設計事務所に依頼するのと工務店に依頼するのとどう違うのですか?」と聞かれることがあります。設計事務所も工務店も様々で、一概に回答は出来ませんが、工務店は原則「工事会社」なので、設計を工事と一緒に請け負う場合でも、利益は設計よりもむしろ工事から多く計上されます。必然的に設計に時間をかけることは難しく、こだわりのあるお施主様や変形敷地などの設計に手間がかかる場合は、工務店よりも設計事務所にご依頼頂くことをおすすめします。

また、設計打合せや工事の際には、素人ではわからないような専門的な話に多く出くわします。工務店に設計と工事を依頼した場合は、お施主様が単独で工務店と直接話し合うことになりますが、設計事務所はお施主様の代わりに工事会社と話し合い、問題を解決することが出来ます。裁判に例えれば、設計事務所は弁護士のような役割で、冒頭タイトルの「弁護士なしで裁判をしますか?」という例え話をよく差し上げます。

建設費用については、設計事務所に依頼すると設計料(当事務所では建設費の10~15%)がかかりますので、工務店に設計と施工を依頼した方が安いと思われるかもしれません。但し、工務店の見積り額が最終の仕上がりに見合った妥当な金額であるかは、素人では判断が難しいのではないでしょうか?設計事務所は見積書に記載している数量や単価を確認して、場合によっては複数の工事会社に相見積りもして、専門的な知見から見積り額を査定します。また、工事が見積りの設計図通りとなっているかを監視する工事監理の法規義務(建築士法)もあります。これら設計以外の仕事も一般にすべて設計料に含まれます。

まとめると、工務店ではなく設計事務所に依頼するメリットとしては以下の3つが挙げられます。

1.こだわりのお施主様や変形敷地でも対応可能な「設計・提案力」

2.工事会社に直面することなく仲介できる「調整力」

3.見積額の査定や設計図通りの工事を確認できる「監視力」

設計事務所へ依頼するのは敷居が高いと思われるかもしれませんが、どうぞお気軽にご連絡ください!

「布田のマンション改修工事」クライアントレビュー

 住宅関連紹介サイト houzz さんを通じて「布田のマンション改修工事」のお施主様にレビュー(ご感想)を書いて頂きましたので、こちらにも転載させて頂きます。既存室内を解体した結果、想定外の残置物等がありまして追加費用や設計変更のお願いを致しましたが、寛容にご理解頂いて最善の選択をして頂けたと感謝しております。竣工写真の撮影やレビューの投稿も頂きまして、誠にありがとうございました。

「中古マンションのリノベーションを依頼させていただきました。

キッチンからリビングへの抜けが計算されていて、実際の広さよりも大きく見える、気持ちの良い空間になりました。また、洗面所とキッチンの間の壁を無くすことにより行き止まりが無く、ぐるぐると歩き回れるので、無駄のない家事導線になっていると思います。どこにいても明るく、圧迫感の無い家です。

素材などの相談、工事中のやりとりなど、とても丁寧でした。途中、変更せざるおえない条件が何度か出てきましたが、柔軟に対応していただき、より使いやすい設計になったので大変満足しております。

「生駒の家」改修工事クライアントレビュー

住宅関連紹介サイト houzz さんを通じて「生駒の家」改修工事のお施主様にレビュー(ご感想)を書いて頂きましたので、こちらにも転載させて頂きます。ハウスメーカー勤務時に設計したお宅の改修工事を引き続き設計させて頂いたのですが、お変わりなくご活用頂いているとのことでうれしく思っております。ありがとうございました。

「自然と一体になれるテラスでのティータイムは至福の時です。最高の贅沢です。日中は白いカーテンに映る草木の影の思いがけない美しさに感動…三面全部カーテンを引くとリビングから出入りできる白い部屋が誕生。つねに家族や友人が集まるリビングで明るい照明の夜でさえ近所の視線を気にせずに過ごせるのが何より有難く思います。
リフトはたまたま展示場で試乗して気に入ったのがきっかけです。日常的には買い物で満杯のショッピングカートを運ぶときや音楽仲間が各々の楽器を持って集うときに大活躍です。注文の多い家づくりに根気よく付き合っていただき、完成した居心地の良い住居に、楽し気なテラスとモダンなリフトが加わり、ますます楽しい暮らしになりました。」